妊婦 引越し

 

妊婦さんはおまかせ引越しがオススメです!

妊婦 引越し

妊婦 引っ越し

妊婦 おまかせ

妊婦 荷物

 

妊婦さんはできるだけ動かず、重いものを持たない引越しを心がけましょう。
ちょっとうっかり重いものを持ってしまい出血なんてことになったら大変です。

 

でも近くに親や兄弟がいない人は、どうしても引越し業者にお願いしなければなりません。

 

そこで気になる「引越しおまかせパック」ってどうなんでしょう?
引越しおまかせパックは妊婦さんにはオススメです!

 

荷物の梱包、引越し、家具の配置、荷解きなどすべて行ってくれます。
あなたは貴重品や見られたくない荷物の梱包と、新居での家具の配置などを考えるだけです。
ただ気になるのは、引越しにかかる費用ですね。

 

引越し費用は、一括見積もりで比較しましょう!

 

妊婦 引越し 

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

一度の情報入力で、あなたのお住いの地域にある引越し業者からの見積もりが簡単に取れます。
引越し費用の相場はもちろん、最安値の業者を探すのも簡単です。

 

ほかにも粗大ごみの処理、エアコン移設などもオプションで付けられます。
妊婦さんの引越しは新居が決まって体調が安定したらスタートです。

 

@引越しおまかせパックの引越し業者一括見積もりする。

A引越し業者を決める。 
B貴重品や見られたくないものを梱包する。(これらは自分で管理したほうが安心です。)
C新居での家具の配置、荷物の場所を指示できるようにする。(紙に書きだしておくと便利です。)
D引越し当日は、引越し業者にお任せ。

妊婦の引っ越し
いかがですか?
これなら無理なく妊娠中でも引越しできると思いませんか?

 

これから出産費用がかかるので、引越し費用はできるだけ抑えたいなら一括見積もりが本当にオススメです。

 

あと、「3月・月末・土日祝日・大安・午前中」というのは引越ししたい人が多く、引越し費用が高めです。

 

時間に余裕があるのなら、平日で時間指定なしであればかなり引越し費用が抑えられるかもしれませんよ。

 

体調に気を付けて、引越し頑張ってくださいね!

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

妊婦さんの引っ越し妊婦さんの引っ越しは大変

 

3月 引越し 相場

 

 

引越しの手順

 

引っ越し手順

 

引越しの手順をご存知ですか?
あらかじめ頭に入れておくと、無駄な動きがなくスムーズです。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品は処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解き
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

おおまかな手順はこのような感じです。

 

引越し先にエレベーターの有無、トラックは近くに停められるのか?などの情報がなければ、引越し料金の正確な金額が決まりません。
ですから新居が決まってから見積もりを取りましょう。
ただ条件の良い引越し業者ほど予約が埋まりますので、のんびりはしていられません。

 

そして不用品を運ぶにも引越し料金がかかります。
不用品は売る・捨てる・あげるなどして処分しておきましょう。

 

市外引越しの場合は転出届が必要です。
引越し先が近隣ならいいのですが引越し先が遠方ですと手続きが面倒になるので、必ず引越し前に提出しましょう。

 

電気・ガス・水道は引越し日止めてもらうように手配し、日割り計算で精算します。
ガスがガス会社立ち合いで元栓を閉める作業がありますので、早めに連絡して日にちを決めましょう。
詳しくは各会社に電話して問い合わせておきましょう。

 

さらに同じ市内なら〇日からは新居で電気・ガス・水道を使えるように手配しておきましょう。
通信会社にも連絡し、どうすればいいか確認してくださいね。

 

郵便物は郵便局で手続きすれば、1年間は新居へ転送することができます。
その間に知人に引越ししましたという連絡をしてください。

 

引越し当日、荷物の運送は引っ越し業者にお任せするとして家具家電の配置、ダンボールの置き場所などは指示してください。
前もって紙に書いておくとスムーズに作業が進みます。
荷解きはゆっくりしてください。

 

さて新居に最寄りの役所には、市外引越しなら転入届を同一市内なら転居届けを2週間以内に提出してください。
選挙、税金など大事なお知らせががこれで届きます。

 

ほかにも免許証、パスポート、保険、カード会社、銀行系などいろいろなところに住所変更を連絡しておきましょう。
郵便局の転居届は1年ですから早めに連絡しましょう。